123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
web拍手
2010-07-04 (Sun)
先日、プライベートレッスンで、ディスクの指導を受けてきました。


ウィルは、今のところソフトのディスクで遊んでるんですが、私も素人、ウィルも初心犬(というのかな?)
なので、ただやみくもに投げて取らせて遊んでるだけだったんですね。


ま、それでも十分楽しいですよ。


でも、いつも思うことは…


空中でキャッチできる回数が増えるとどれだけうれしいだろうか? なにかコツはあるのだろうか?


といった疑問が生じてました。


この疑問を解消するべく、とにかくまずは1度習ってみようってことで指導を受けてきたわけです。


これから書くことは私の覚書になりますので、ディスク初心者の方は参考になるかもしれません。
(すでにたっぷり遊んでいらっしゃる方にはためになりませんのであしからず…)


まず、空中でキャッチするためには、遠くに投げるのではなくてほぼその場に投げあげて
くわえさせる練習をすることだそうで…
(言われてみれば当たり前のことですね 


たとえばこんな感じで三角形のイメージで…
ディスクの投げる方向


この場合、手首のグリップをきかせてなるべく真上にあげてとらせます。


そうすると、遠くに投げて空中キャッチするよりも成功率が当然高くなります。


もし、わんこがキャッチできなくてディスクが床に落ちた場合は、人間がすぐに拾ってまた投げます。


これを繰り返します。


これってとっても運動量が要りますね。


でも、わんこと自分となんか競争しながらやるので、一体感があってとっても楽しい。


そして、空中キャッチを遠くに飛ばしたディスクで成功させる前段階として、垂直に転がっている
ディスクを取る練習をさせます。


この場合は、人間がディスクを握った手の角度を立てて先の方へ投げます。


そうすると、何メートルか先でディスクが地面に落ちると同時に垂直に転がっていきます。


この垂直の状態を追いかけさせてくわえる練習、これが空中キャッチのイメージにつながるんですね。


ボケてますが、練習の時のウィルの様子です。

ディスクの練習




あとは、練習あるのみなんですけど、なにしろこの梅雨空の中なかなか外での練習はできません。


本当はソフトディスクから堅いディスクでの練習に移行したいのですが、今ほしいメーカーのが
手に入らないので様子をみています。


ウィルはディスクキャッチが好きそうなので、どこまでうまくなれるかわかりませんが
ボチボチ続けていこうと思います。


本当は、3日の土曜日にディスクの大会があったそうで…


予定が空いてれば、うちも参加できたんですけど、今回は参加できませんでした。
(こんな初心者(犬)でもエントリーできる種目があるんですって!)


ま、そのうち参加出来ればなぁと思っています。

| しつけ教室 | TB(0) |
web拍手
2010-06-05 (Sat)

記事を書く前に…


6月5日は  『だって これが私ですもの』   の あんちゃん
2歳のお誕生日と、

6月6日は  『うちの子小梅☆』   の 小梅ちゃん
1歳のお誕生日です。



あんちゃんと小梅ちゃん、お誕生日おめでとう!   

お誕生日ケーキgif3枚



これからも、たくさん思い出作って下さいね。



line05_093.gif




では、今日の記事です。




前回の続きになります。


戻ってきた!


おいで~~~で元気に走ってきてくれました。


おやつを使うせいもありますが、呼び戻しができるようになったので、本当に楽になりました。




あ、パパ


そうそう、これはゲームの途中のウィルちゃまです。


カメラで写真を撮ってたパパさんに気付いて、ゲームそっちのけで走って行っちゃったウィーちゃん。


この後、またリードをつけて思いっきり引っ張って走ったのは言うまでもありません。


わんこのゲームって、予想外のことが起きるから面白いんです。


ディスクキャッチが上手にできても、それを持って来ずに走り回って遊びだすわんこもいたりで、こういうのが
面白いんですよね。





チーム戦の 『おたま de GO』も楽しかったですよ~♪

おたまでGO!



おたまでGO!がんばり中モザイク


これは、わんこのリードを持ってる手におたまを持って、向こうの水をこちらのコップに一杯にさせるゲームです。


わんこが動きますから、お水はしょっちゅうこぼれちゃいます。


早くコップをいっぱいにしてあふれさせたら勝ちというゲーム。


いや~~、楽しかった~~♪




で、結果発表ですけど、我らがトイプーチームは…




最下位でしたぁ。 



でも、とっても楽しかったです。


そうそう、写真を見てお気づきの方がいらっしゃったでしょうか?


当日のウィルと私はおソロのお洋服だったんです。


前日ドッグフェスタで買った安物のラルフローレンポロのシャツを着せていきました。
                     ↑間違えました


とにかく、参加することに意義があったんです。


あ、こんな写真もありました。

パパのお膝が1番!


パパさんのお膝が1番なんですね。


ウィーちゃん、お疲れ様~~~~~。


次回は絶対がんばるぞ~~~~~!!


最後に、大人げない主催者ともっぱらのうわさのトレーナーの西田さんも愛犬ビンゴとの写真を載せておきます。

大人げない主催者(笑)jpg

この写真もポポちゃんちからお借りしています。


いえね、いくつかの種目で1位をかっさらっていくのですよ、こともあろうに主催者が! 


いいんですか? これで?


いいんです、これで!だって。  (皆さまのご意見です)


しょうがないですねぇ、まったくいくつになっても子供なんだから… だそうです。

 
| しつけ教室 | COM(26) | TB(0) |
web拍手
2010-06-04 (Fri)
ドッグフェスタの話はまだ終わってません。が、今日はちょっと違う話題です。


line05_093.gif




昭和記念公園のドッグフェスタに出かけた次の日に、雨のために1週間延期になったわんこのイベント
『ワンオーワン』に初めて参加してきました。


夜遅くまで降った雨の影響で、当日の午前中はコートが濡れていたせいもあり、ウィルや特にトイプーちゃんは
飼い主さんの抱っこで出番を待つって感じだったんですが、とにかく楽しんできました。


一応チーム編成があって、ポイントで順位を競います。


うちはトイプーチームに入れていただき、ミルクちゃんとアリスちゃんのところと、ナッツちゃんちと うちの
4頭でチームになってました。


最初のイス取りゲームは、ウィルは初出場ながら2回か3回までは残ったんです。


ルールは、音楽が止まったらわんこにオスワリをさせて飼い主はイスに座るんですが、残ってるイスが埋まるまで
オスワリをし続けるので途中で立ってしまうわんこが続出です。


そしたら飼い主はいったんイスから離れてわんこのところまで戻り、もう一度オスワリさせてからイスに
戻らなければなりません。


うちの画像はありませんが、これ意外と楽しいですね。





それでは最初に、同じチームのわんちゃんの写真を載せたいと思います。



まずは、ドッグトライアスロンの個人戦で見事優勝したミルクちゃん。

ミルクちゃん奮闘中


フライボールもとっても上手です。



そして、まだパピーのアリスちゃん。

アリスちゃんがんばってます


ちっちゃいのに全部できてえらい! ミルクちゃんをお手本にしてるのかな?




そして、黒トイプーのナッツちゃん。




ディスクが上手なだけあって、ちゃんと持ってきてえらいです。


ちなみにお衣装もかわいいです。  この日は3回お色直ししましたっけ?





さて、我が家の王子ウィルちゃま(ウィルママ)の勇士も披露します。


この日初めてウィルと私だけでコートに入った瞬間の写真です。


なぜベロをだしたのか?


この写真は、当日ワンオーワンでご一緒した、黒ラブのポポちゃんちからお借りしました。
ありがとうございます。


ちなみにポポちゃんはこの子で~す。


ポポちゃんのコピー


で、なぜベロを出したのか自分でも覚えていないのですが、たぶん恥ずかしくてそうしたんだと思います。


(いわゆる羞恥心ってやつですね


今思いっきり「ウソつけ~~~!!」って叫んだそこのあなた、正解です! って、何が?



フライボール


でですね、これは『ディスタンス&アキュラシー』といって、90秒間に投げたボール(ディスクかおもちゃでもOKです)
を何回回収できるか? 投げ入れたエリアでポイントがつくっていうゲームの写真です。



持ってくるものは、白い線の外側に落とさなくてはならないのですが、初めのうちウィルは線の内側までしか
持ってこなくて焦りました。(写真で言うと右側に落とさなければなりませんの)



そこではダメよ



心の中…「はよ、せんか~~~~~い!」


ま、初出場なのでこんなもんです。




で、『ドッグトライアスロン』の個人戦ですが…


フセしてくれませんか?


ここで思いっきり言いわけタイムです!


朝のうちコートが濡れていて、そういう状態でフセを嫌がるウィルちゃま。


この出番は午後だったんですが、案の定すんなりやってくれません。


出番を待ってる間2度ほど裏でやってくれたんですが、本番ではロールオーバーのところでフセをいやがるもんだから
ごろんができる状態じゃなかったんです。


初出場ということもあり、進行上ここでタイムを止めて下さって、ごろんができるまでやらせていただきました。


たしか、ごろんができた瞬間会場中から拍手してもらったような…


皆さま、ありがとうございました。



ようやくできてからゲーム続行です。




普段出来ることも本番ではできないっていうのがわかった瞬間…



「ここ飛んで~~~~!!」   「イヤでしゅ~~~~」
 
こことんで!いやでしゅ。



首、吊ってます


ようやく飛んで、今度はマテです。



「マテ~~!!」


まて


「おいで~~~!」

おいで~~~!



かなり長い記事ですみません。


続きはまた今度…
| しつけ教室 | COM(24) | TB(0) |
web拍手
2010-05-30 (Sun)
しつけ教室も7回目と8回目が終りました。


この時はおもに、フライボールという競技に挑戦しました。

フライボール


カメラを持って行かなかったので携帯で写真を撮ったのですが、使う道具はこんな感じです。


最初に3つある障害物を飛んで、奥にある斜めの板にタッチをすると、仕掛けてあるボールがでてくるので
それをくわえてまた戻ってくるというものですね。


不思議なもので、3つある障害物なんですけど、最初から3つ続けては飛んでくれないんですよね。


1個飛んだら次は横から走っちゃうみたいな…


なので、幅を狭くしたり、呼んであげる時に2つめのすぐ近くで手を差し伸べて飛ばせてあげたり
工夫するのだそうです。


障害物は飛べるようになっても、板にタッチがこれまたすんなりとはいきません。


初めはちょこっとでも触ったら褒めてあげる。


それを繰り返して、板を触れるようにさせて…


ただ、ちょっと力がいるので、ビビリのウィルはなかなかボールが出てくるところまでにはいかないんです。


まだ初心者だから、触れたら上からボールを落としてあげてボールをとらせ、戻ってくることを繰り返しました。


簡単そうに見えて、それができないところがミソなんですね。


2回失敗したらハードルを下げて! これ、鉄則です。


ウィルはすべて楽しそうに取り組んでました。


事実楽しいと思う。 家の中で普段と変わらない遊びをしているのではありませんから。


でも、早いものでもう8回が終ってしまいました。


プライベートレッスンは、あと1回です。


最後はお散歩を取り入れて、カフェでの実地訓練が待っています。(これ、実は楽しみなんです


レッスンを通して取りかかりを教えていただいたので、ウィルが何に向いているのか探って行きたいと思っています。


ディスクが好きなのか、アジリティみたいのが好きになるのか、はたまたドッグダンスが向いているのか 
これからは家の中でもいろんな要素を取り入れて遊んであげたいと思います。


ウィルがとっても楽しそうだから、アウラは続けていきたいと思っているんです。


パパさん、お稽古代よろしくお願いします。



 お知らせ


この記事は予約投稿です。


日曜日は忙しいので月曜日にまた皆さまのところへお邪魔しようと思います。


週明けも皆さま元気にお過ごしくださいね。


| しつけ教室 | TB(0) |
web拍手
2010-05-19 (Wed)
追記 

記事を書く前に…


5月19日は  『6猫1犬+α2猫』   の 吾朗ちゃん
10歳のお誕生日です。

吾朗ちゃん、お誕生日おめでとう!   

お誕生日ケーキgif3枚



これからも、たくさん思い出作って下さいね。



line05_093.gif




では、今日の記事です。






今日は5月10日に受けたしつけ教室のレッスン⑥についての記事です。


(次のレッスンももう受けましたが、記事が長くなるので⑥の話だけ書きますね)


この日は、等価交換=レトリーブの練習とひっぱりっこの確認などがおもな内容でした。



まだかなぁ?

(この時トレーナーさんはお茶の用意をして下さってます。)



レトリーブ、いわゆるおもちゃを投げて持ってこさせる遊びですが、わんこのレトリバーは元来、レトリーバー
(回収する犬―Retrieveする者)という意味だそうですね。

ラブラドールなんかは、もともとは、カナダ東海岸のラブラドル海流が作る冷たい海の中で、
網の牽引や網から脱落したニシン・タラの回収・これに付帯する諸作業に従事していた犬であったそうです。


そこがラブラドールレトリバーの由来だそうで…


とにかく、この『持ってこい』の遊びですが、何を隠そううちの子、おもちゃをくわえてきても
放してくれないんですよね。


だから、無理やりとってまた投げるしかなかったわけで…。


しかし、スムースにやる方法はありました。


同じようなおもちゃを2個用意することでした。


そして、初めのおもちゃを投げて持ってきたら、次のおもちゃを見せてそれを床にちょっとトントンさせて
生きてる獲物のように見せるわけですね。


そうすると、もうそちらに興味を示すので今くわえているおもちゃは当然放します。


そしたら次を投げて…を繰り返す。


レトリーブの練習

レトリーブの練習中です。ウィルは楽しいので常に集中しています。


おもちゃが立ったjpg


この写真は、「写真、どうですか?」 のトレーナーさんの一声で慌てて撮りました。


私カメラマンも兼ねてますから。  ぼうっとしてる場合じゃなかった…




でですね、たしかにそうでしたね。


うちも連続でやる場合はおもちゃをいくつも用意してやってましたっけ。


こういう記事を動画でアップされてる方、いましたよね~。


ここで注目すべきことは、もっとやりたい状態で いったん休憩すること。


そうすることで、モチベーションが高くなっているので他にもいろいろ教えることができる、また吸収してくれる
ということらしい。


三角形はあるのか?


この写真を撮ってた時のトレーナーさんの言葉にびっくりです。


なぜかって? だって、「今その中に三角形はありましたか?」っておっしゃったので!


ブログ、読んでてくださってるんですね。ありがとうございます。


きれいな三角形が見えるまで2~3枚写真を取り直しました。




それから、ひっぱりっこの遊び。


これは、うなるほどひっぱらせることで、自律神経の交感神経を鍛える役目があるそうです。


落ち着いた状態は、副交感神経が働いているということ。


これはとても大事なことだそうです。


この遊びの終り方、つまりひっぱってるものを放させるやり方は、こちらの動きをぴたりと止めること。


そうすると、放してくれるんです。 あ、ほんとだ! あ、でもダメか! 


ちょっとしたコツがありそうです。



レッスン⑦では、フライボールといういよいよアジリティみたいなレッスンに挑戦しました。


その記事はまた今度…


line05_093.gif




お知らせです。


週末まで趣味のトールのことや他のことに集中するため、パソコンの時間を極力減らそうと思います。


なので、いつも訪問している方々のところへは読み逃げにて失礼させて下さいませ。


皆さま、週の後半も元気にお過ごしくださいね。
| しつけ教室 | TB(0) |
web拍手
ブログパーツ 制作
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。